不用品回収業者について知るサイト

>

家電リサイクル法と小型家電リサイクル法

家電リサイクル法

家電リサイクル法は、家電の中にある資源を有効活用するための法律です。
家電にはレアメタルなどが使われていて、非常に再利用価値の高いものです。
家電リサイクル法においての家電とは以下の4品目のことです。
・ブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ
・エアコン
・冷蔵庫、冷凍庫
・衣類洗濯機、乾燥機
これらの4品目においては前のページで述べました廃棄物か有価物かに関係なく、回収には許可が必要になります。
ただし、家電量販店やリサイクルショップなどではこれらの4品目の回収が可能という例外もあります。
これらの回収を不用品回収業者に依頼するときには注意が必要です。
家電リサイクル法の対象であり、製造業者はリサイクルすることを義務付けられているためです。

小型家電リサイクル法

家電リサイクル法と小型家電リサイクル法は名前は似ていますが、扱っている品目が異なります。
家電リサイクル法の取り扱いが4品目であったのに対して、小型家電リサイクル法は多くの対象品目があります。
携帯電話やパソコン、プリンター、モニター、デジタルカメラなど他にも様々なものが小型家電に含まれます。
小型家電を産業廃棄物として収集運搬・処理する際には定められた業者に委託しなければなりません。

ですが、小型家電リサイクル法は家電リサイクル法よりも基準がゆるいという印象です。
ですので、不用品回収業者に依頼するときには、家電リサイクル法の4品目については業者も気を付けて回収しますが、小型家電は適当に回収されるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る